神様になった日本のオオカミ

大口の 眞神の原に ふる雪は いたくな降りそ 家もあらなくに これは「万葉集」第八巻に納められた、飛鳥時代の女官、舎人娘子(とねりのおとめ、生没年不詳)の雪の歌で、「眞神が原に降る雪よ、そんなにはげしく降らないでちょうだ … 続きを読む 神様になった日本のオオカミ